SEO対策

契約しているか否かが生き残りの成否を分けるseo対策会社

他社のサイトとの比較が何故必要なのか

キーボード

ユーザーの囲い込みのためにサイトのseoを行う場合、競合他社のサイトと自社サイトとの比較は重要なことです。事業でも同じですが、比較することで自社の課題点や問題が見えるようになるからです。例えばキーワードのボリュームはどう違うのか、ユーザーの流入数はどの程度差があるのかを調べることで自社サイトの弱みが見つかります。キーワードの選定数が多いことに対してユーザーの流入が少ないとなれば、テーマとの連動性が薄いことが考えられます。
逆に少ないキーワードに対して多くのユーザーが集まっているようであれば、コンテンツの密度の濃さが強みであると想定されます。このような分析結果から、どのような対策を立てれば良いのか方向性を定めることができるようになるわけです。コンテンツに強みがあるならば、さらにキーワードの検索順位を上げることで多くのアクセスを集めることが可能になります。
コンテンツの密度が薄いようであれば、まず有益な情報を提供できるコンテンツを作ることが必要であると分かります。その上で、サイト内のリンクを最適化してユーザーの使い勝手を向上させます。このような取り組みを行うことで、内部に留まる時間を長時間化することにつながります。